« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月30日 (木)

高2Eタイムファイナルプレゼン【高校】

今日の午前10時から多目的ホールと岸本記念館セミナールームで、高校2年生の富高Eタイムファイナルプレゼンを行いました。

先日行われた予選を勝ち抜いた24組のグループが工夫を凝らしたプレゼンテーションを行いました。


↓セミナールーム








高1生も来年度の参考に見学に来ました。






多目的ホールでも、




専門家からの質問に答えています。




難解な数学の課題にも挑戦したグループがあります。





最後に大阪教育大学の堀先生からお褒めの言葉とともに、貴重なアドバイスもいただきました。





今後探究活動の内容によっては、難関国公立大学のAO入試の受験資格を得ることができます。

それほど探究と言うものが今、高校生に求められている活動です。



富田林高校 校長 蛭田勲


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

| トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

オープンスクール2日目【中学・高校】

暑い日が続いていますが、朝夕は秋の気配が感じられるようになってきました。
さて、オープンスクールは2日目を迎えました。

本日もたくさんの中学生、小学生の皆さまにご来校いただき感謝いたします。

オープニングは、多目的ルームで行いました。


中学生徒会長の笑顔いっぱいのあいさつ


続いて高校生徒会長からのさわやかで堂々としたあいさつ


その後は、富田林中高生が各講座に案内いたしました。


会場では、小学生や中学生に学校紹介を本校中高生からしました。


各講座では、教員と生徒による体験授業を行いました。


教員と生徒による学校づくりは進化してきました。

富田林中学校長 大門 和喜

****************************//

| トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

オープンスクール1日目【中学・高校】

sun まだまだ暑い日が続いています。

そんな暑さの中、今日午後から富田林中学校・高等学校のオープンスクールを開催しました。

今日は1日目。多くの小学生中学生及び保護者の方々が来校されました。





今日は高校の校長が挨拶をいたしました。




続いて中学校の生徒会長や




高校の生徒会長から




それぞれ挨拶とともに簡単な学校紹介がありました。

その後、各教室に分かれ、小中学生は事前に希望した授業を受講しました。


↓小学生用の科学の授業では富田林中学生高校生が主に指導していました。




このようなイベントを通して、富田林中学校や高等学校の良さを少しでもわかっていただければ、ありがたいと思います。


明日もこのオープンスクールは開催されます。



富田林高校 校長 蛭田勲


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

| トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

地域とともにある学校づくり推進フォーラム(和歌山会場)【中学・高校】

昨日、コミュニティ・スクールに関する全国大会が和歌山県民文化会館で開催され府教育庁職員、学校運営協議会委員、中高地域連携教職員と共に参加いたしました。長くなりますが、様子を報告いたします。

▪️和歌山県教育長挨拶
「紀の国コミュニティ・スクール」について

小中高でコミュニティ・スクールを展開。
県立高校は2年間で100%設置
学校の課題を社会と共に解決していく魅力。
本日は和歌山県の取組みを紹介する。
学校は地域にどう貢献できるか、
地域は学校をどう応援していただくかが大切である。
これからの子どもたちにつけていきたい力を地域と共に育んでいきたい。


▪️文部科学省からのメッセージ

コミュニティ・スクールで出来る事
社会に開かれた教育課程を実現。
社会の活力を維持する。


これからの子どもに必要な力
子どもたちが社会に貢献できる力が必要

コミュニティ・スクール成功のためには、
課題・目標・ビジョンの共有が必要。
組織づくり、協議、協働が必要。
高校での設置が大幅に増加している。
企業・大学との連携が必要。
社会に対し、学校のために何をすることが大事ですか?
の問いかけをする。
内外にコミュニティ・スクールであることを宣言することが大事。

▪️秋田県利本荘市教育長



金足農業高校の健闘
チームの課題を和で克服。

秋田県の学力向上は目的化をしたところに結果が出た。
地域に誇りと自信を持たすため、平成5年からコミュニティ・スクール事業と共に取り組んだ。

目標を定め本気で取り組むこと、思っていることを結晶化させる事が大事。熟議と実践が必要。
地域に誇りを持てる人材育成。

▪️ディスカッション
「ふるさとの未来を託せる子供を育てるために」
をテーマに協議されました。



本校のコミュニティ・スクールの運営に生かしていきたいと思います。

富田林中学校長 大門 和喜

**************************//

| トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

大阪地方裁判所を見学しました!【中学・高校】

typhoon 明日は台風が近畿に近づきます。

本校のウェブのトップページにも載せておりますが、
警報時の扱いにはお気を付けください。


さて、8月20日(月)、探究活動の一環で、大阪地方裁判所への
裁判所見学(裁判傍聴)を実施いたしました。

応募者多数のため抽選を行い、高校生30名、中学生20名が
参加しました。


裁判所職員による説明会のあと、それぞれ自由に裁判を傍聴し、
ドラマの中とは違う、張り詰めた裁判の雰囲気に緊張感をもって
傍聴してくれていました。


↓法服を着せてもらっています。
1


3


2


0


富田林高校 校長 蛭田 勲


----------------------------------------------------

| トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

いよいよ夏休みの終わり。全校集会を行いました!【高校】

記憶にないほどの猛暑であったこの夏も
暑さに関しては少し落ち着きを見せ始めた
所です。

しかし、週末にはまた台風が来るようです。
暴風警報の発令時の扱いについては、
明日HPや書面でお伝えする予定にしています。


さて、高校生は夏休みも終わり、今日は体育館で
全体集会を短時間ですが行いました。


1

今日の式辞では、目標をもつ大切さと難しさを
いくつかの視点から話しました。

そして、部活動の表彰です。

最初は、美術部です。

Photo


そして吹奏楽部

2


3

今日は文化部が二つ表彰されました。

まだ、表彰状が届いていないので、今日は表彰できていませんが、
お知らせしたい快挙があります。


バトン部が「第42回全国高等学校総合文化祭」において、
実行委員会特別賞←実質全国2位!を獲得しました!

表彰状が届きしだい、表彰したいと思います。


富田林高校 校長 蛭田 勲


-----------------------------------------

| トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

グローバル&サイエンス Part 3 【中学・高校】

グローバルとサイエンスの取組み第3弾です!


今日も長いブログになります。
最後までお付き合いお願いします。

まずは、グローバルから。


グローバルリーダー育成研修で、ブリスベンで
頑張っている生徒たちの研修最終日の様子です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


グローバルリーダー育成研修 @ブリスベン

いよいよ最終プレゼン発表です。


今朝は今までの朝とは全然空気が違います。
朝食を随分早めに済ませ、朝から練習しているグループや、
昨日の夜遅くまで頑張って練習してきたんだと感じさせるグループなど、
ピリピリした空気が集合場所に漂います。

Img_5223

そして、プレゼン会場に足を踏み入れると、その緊張感は最高潮、
もう他のグループとは会話がなくなります。


プレゼン内容は以下の5つです。


1.スマートキーの自転車への応用
2.忙しい高校生のスケジュール管理アプリ
3.海外でwi-fiを快適に使うアプリ
4.飛行機を快適に過ごす魔法のブランケット
5.雨の日でも快適に乗れる自転車


どのチームも、身振り手振り、スキット(寸劇)を入れながら、
5分間のプレゼンを披露しました。

Img_5224


Img_5225


Img_5226


Img_5227


Img_5228


その後、ジャッジであるデイビットさんからの質問を受け、
がんばって英語で返答をしていました。


私もジャッジとして加わりましたが、本当に拮抗していて、
一位を選ぶのはかなり難しかったです。


僅差で、5番目チームRINGOが一位となりました!

Img_5229

みんな一位を狙って準備してきたので、悔しさが滲み出ます。
涙が出てきそうな生徒もいます。

そんななか、クロージング(終わり)で、今回の研修デザイナーの
高木さん、北嶋さんから、講評とアドバイスをもらいます。

Img_5230

毎日振り返りをやって、
「今日できたこと」、「できなかったこと」.
「明日やりたいこと 」 を実際書いて振り返っていましたが、


今日は
「今日できたこと」、「日本に帰ってやりたいこと」
を書いてもらいました。


できなかった方は何一つブリスベンに残さない!
ということです。

研修の最後には、みんな清々しい顔に戻っていて、安心しました。

Img_5231


その後は打ち上げの意味も込めて、予約していたレストランで昼食をとりました。

Img_5232

Img_5233

本日で8日間にわたって行われてきた、グローバルリーダー育成研修は
終了となります。

研修にあたっては、タクトピア株式会社の高木様、
北嶋様には熱く御礼申し上げます。


お二人が積極的かつ肯定的に生徒に関わってもらたおかげで、
とても前向きにこの研修に参加することができたと思います。

生徒たちはおふたりのことが大好きなようでした!


生徒13人と、スタッフ3人が、1つのチームとしてそれぞれが
成長できた8日間でした。

Img_5234


あとは観光を残すのみなので、レポートはこれで終了となります。


疲れている時はあったものの、誰も体調不良にならずによかったです。
最後まで気を抜かずに行きたいと思います。


この研修の総括は、また、日本に、帰って行いたいと思います。

予定では、明日9日の夕方オーストラリアを出て、
10日の朝に関西国際空港に到着です。

ありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


続いてサイエンスです!


昨日、神戸で「平成30年度スーパーサイエンスハイスクールの
生徒研究発表大会」が開催され、高校生31人と中学生5人が
見学者として参加しました。

1


SSHの中でも優秀な研究が発表される場です。

S_img_1016

↓本校からも科学部の生徒が「「ダム湖の生態系で見たアユの生態」
のテーマで発表しました。

S_img_0998


S_img_1002

↓会場内の様子

S_img_1012

本校の中学生も、今からこのような質の高い研究と
発表者のすばらしいプレゼンテーションを見ることで、
今後の探究活動の大きな参考になることでしょう!

S_img_1018

富田林高校 校長 蛭田 勲

---------------------------------------------------


| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

Workhard @ ブリスベン【高校】

sign03 ブリスベンでの生徒たちの頑張りが伝わる
レポートが届きました!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


グローバルリーダー育成研修@ブリスベン 5日目

オーストラリアのブリスベンでの、本研修もいよいよ大詰め
を迎えています。


今日は、明日の英語でのプレゼン発表に向けての準備
に終始します。


生徒たちは昨日の夜のうちに、スタッフと打ち合わせをして、
自分のピッチ(プレゼン)に関する、

why(なぜ、困っているのか?)
how(どのように問題を解決するのか?)
what(そして、その商品は何なのか?)
というストラクチャー(構成)を学び、ある程度組み立てて来ています。

Img_5217

ですので午前中は、その構成のダメ出しと、人前で英語で
発表するための基礎トレーニングを行います。


部屋の端と端に分かれて、自己紹介をしたりイントロダクションを行います。
その際に、姿勢やジェスチャー、顔の表情などの指導をします。


本番で良いプレゼンをするためには、これぐらい遠い場所からでも
しっかり聞こえるように話さなければなりません。

Img_5218

そして午後からは、いよいよ本番形式での練習を行います。

スタッフと教員が、3カ所に分かれてそれぞれのところで発表して
ローテーションで回していきます。それを2回繰り返し
合計6回ものプレゼン練習を行います。

Img_5219

生徒たちは、指摘されたことや、自ら気づいたことをグループで話し合い、
回を追うごとに上達していきます。

Img_5220

論理的な説明の仕方や相手を惹きつける表現方法等は、
別人のように変化しました。


英語での表現に関しても、普段の授業ではあれほどてこずっているにも
かかわらず、目的意識があればどんどん文章を書こうとします。


最初はGoogleの翻訳機能などに頼って、書こうとするのですが、
それでは十分に自分の言いたいことが伝わらないことに気づき、
なんとか自分の書ける範囲の英語で書こうとします。
そしてその方が喋りやすく、理解してもらいやすいことに気づくのです。


この気づきだけでも英語科の教員からすれば、ここに来た値打ちがあるといえます。

最後は明日のプレゼンに対する意気込みを発表してもらいます。

みんな勢いよく手を挙げて、「優勝する!」「後悔しない」と力強く発表していました。笑
中には、「終わったらおみやげいっぱい買いたい」というコメントもありました。
Img_5221

夕食は、みんなで一緒にスーパーで買って丸々一羽のローストチキンを
一緒に食べました。

Img_5222


この研修も残すところあと2日。みんなが仲良くなってきた頃に
終わってしまうのはなんとなく寂しいですね。


ブリスベンに後悔を残して帰らないように、やり切りましょう。

お疲れ様でした!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「グローバルな視野とコミュニケーション力」
「論理的思考力と課題発見解決能力」、本校のこの2つの
教育目標を達成する活動に邁進している生徒たちに
「頑張れ!」のエールを送ります。


富田林高校 校長 蛭田 勲


---------------------------------------------

| トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

グローバルリーダー育成研修@ブリスベン(4日目)【高校】

グローバルリーダー育成研修4日目のレポートが
届きましたので、アップします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


グローバルリーダー育成研修@ブリスベン
4日目です。


今日は昨日までとは少し内容が異なります。
まずはクィーンズランド大学に入学するための
準備機関であるIESに到着です。


ここは、海外の学生がクィーンズランド大学で
学ぶための英語の基礎力などの素養を身につけます。


今日参加している生徒の中から、ここに入学する
生徒がでてくれたらうれしいです。


ここでは、アボリジニー文化について、講義を受け、
葦(アシ)を使ったアクセサリーをみんなで作りました。

Img_5211

Img_5212_2


その後はクィーンズランド大学に行ってキャンパスツアーと
美術館を案内してもらいました。

クィーンズランド大学は、世界ランキング47位
東京ドーム24個分の広大な敷地を持つ、オーストラリアで
指折りの大学です。

Img_5213

ここでは、在校生にキャンパスを案内してもらい、
生の講義を受けたり、芝生で一緒にランチをしました。

生徒たちは積極的に話しかけ、キャンパスライフに興味津々でした。

Img_5214


その後はなんと、フェリーでクィーンズランド工科大学に移動。
日本では考えられないような移動手段でした。

Img_5215

午後からはいよいよ、最終プレゼンテーションに向けての、
原稿作成に入っていきます。

単なる研究発表ではなく、自分の商品を売り込むプレゼンテーション、
いわゆるピッチと言う手法のプレゼンテーションの仕方を学びます。


評価基準は、いかにオーディエンスの心をつかんだかと言うまさに
人間としての魅力や表現力を問います。


もちろん英語力も最低限必要ですが、ここではそれ以上に
勇気や積極性を評価します。

Img_5216

今日の夜から既に準備に取り掛かっています。


明日はひたすら英語でのプレゼン練習です。

お疲れ様でした!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

付添教員である英語科の田中先生から、
生徒たちの適応力も早く、日々成長している
とのコメントがありました。


いよいよこの研修も最終ラウンドに入ってきました!

富田林高校 校長 蛭田 勲

------------------------------------

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

グローバル&サイエンス Part 2【高校】

先ずは、「グローバル」からです。


グローバルリーダー育成研修 in ブリスベンの3日目の
様子が届きました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


グローバルリーダー研修@ブリスベン
3日目に突入しました。

まず午前中は、昨日の復習で、
誰の
どんな問題を
どのように解決したいのか?
を再確認します。

Img_5202

Img_5203


作ろうとしている製品は本当にペルソナ(顧客)の
ニーズを満たしているのか?そもそも、
ペルソナはいるのか?
など、朝から頭をフル回転。

そしてそのアイデアをもとに、プロトタイプ(試作品)
を作ります。

自分たちのアイデアを形にする作業。
工作の得意な生徒もいれば、四苦八苦して
頭を抱える生徒もおり、アイデアを形にする、
いわゆる「イメージの可視化」の難しさを実感しています。


写真は、雨の日でも快適に走ることができる自転車です。
ペルソナ(顧客)は富田林高校の自転車通学の生徒でしょうか。

Img_5204


そして午後からの街中インタビューのために、
スタッフからインタビューのヒント、ルール、
表現方法を学びます。

Img_5206_2


昼食後はいよいよ、実際の街に出て、街頭インタビューです。
本当に驚きなのですが、生徒たちは分刻みで発問が
上手くなっていきます。

Img_5207


Img_5208

現地のオーストラリア人はもちろん、観光客の外国人
にも話しかけ、身振り手振りを使って自分たちの製品
についての説明を行い、フィードバックを貰います。

Img_5209


中には自分の言いたいことが言えず、悔しさをにじませる
グループや、「そんなもの必要ないんじゃない?(もちろん英語で)」
と言われ、へこんでいるグループもありました。

フィールドワークからたくさんの気づきを得ました。

Img_5210


今日はホテルに帰ってから、もらった意見を参考に、
試作品の改良を行います。

明日は、大学での講義を受けた後、プレゼンテーションの
資料作成の勉強をします。

お疲れ様でした!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


長くなりますが、続いて「サイエンス」です。


8月2日にSSHの夏季研修として、
大阪大学レーザー研究室を訪問しました。
中学生も参加しています。


大阪大学レーザー科学研究所の藤岡 慎介 先生から
研究所で使われている高強度レーザー光について教わり、
高強度レーザー光を使ってレーザー核融合や宇宙物理
の研究が行われていることについて講演をしていただきました。

Resize0001


展示室で高強度レーザー光をどのように発生させるかの
説明を受けました。

Resize0002


レーザー光を使った実験を見せていただきました。

Resize0003


世界でも有数の大型レーザー実験装置を見学しました。

Resize0004


Resize0005


岩田 夏弥 先生からご自身の研究をご紹介いただきました。
プラズマ状態では電気の力・磁気の力を介して、
遠く離れた粒子とコミュニケーションし、集団で動くことや、
光は圧力を持っていて高強度レーザーの圧力は星の内部と
同じくらい大きいことを教わりました。

Resize0006

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


SSHの夏季訪問研修はこれで終了となります。


この研修が刺激となり、科学についての探究活動
が深まることを期待しています。

富田林高校 校長 蛭田 勲


-------------------------------------------

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

グローバルリーダー育成研修 from ブリスベン【高校】

昨日、リートンでの研修に参加していた生徒は、日本への帰途につきました。

一方で、ブリスベンで行っているグローバルリーダー育成研修の第一段階のレポートが届きましたので報告させていただきます。

自己変革が起こるような研修が行われているようです。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

オーストラリア ブリスベン研修 2日目

到着日からのハードスケジュールで体調不良を心配しましたが、全員元気に起きてきてくれました。

ホテルで朝食を取り、クィーンズランド工科大学に向かいます。今日から本格的に研修がスタートです。




まずは、宿題となっていた「日本でのインタビュー結果をグループでシェア」を行いました。

これは、自分たちが開発しようとしている製品が本当にニーズがあるものなのかどうか、事前に日本で様々な世代の人に調査し、それを共有するという課題です。



その後グループでアイデア交換、いわゆるブレインストーミング(脳内を嵐が吹き荒れている状態のこと)を行い、製品に対するグループの意見をまとめ、製品のプレゼンストーリーを四コマで英語で説明します。



その製品が
どんな人の
どんな問題を
どう解決しくれるのかを
英語で説明します。


お昼は、大学内のハンバーガーショップでランチ。
英語で注文にもかなり慣れてきたようです。




午後からは、オーストラリアの起業家であるデイビットさんを招き、製品を開発するためのマインドを学び、その後自分たちのプレゼンを見てもらい、アドバイスをもらいます。




「英語で話すのが恥ずかしい…」と思っていた生徒も講義の終わりには、アドバイスをもらいに自分から話しかけに行っていました。




素晴らしい成長です。




明日は今日の講義を活かして、街頭でのインタビューを行います。

お疲れ様でした!

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


これから日々成長していく生徒の姿がレポートされてくるはずです。

これからが楽しみです‼️




富田林高校 校長 蛭田勲

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

| トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

いよいよリートンから帰国します!【高校】

今日の午前中にリートンからの最終レポートをお伝えしました。

今、オーストラリア最終日のレポートが届きましたのでお伝えします。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

昨日はいよいよリートンを旅立つ日でした。

朝はホストファミリーに空港まで送ってもらって、涙、涙のお別れです。





どれだけ素敵な時間を共有できたか、見てるだけで伝わってきました。

飛行機にずっと手を降ってくれていました。


シドニー到着後はお昼ご飯にフィッシュ&チップスを頂いた後、世界遺産のオペラハウス観光へ。夜ご飯は自分で焼くステーキでした!






今日は1日シドニーフリー観光。






グループごとに計画を立てて、朝ごはんを食べたら出発!ショッピングや、クルージングを楽しんでみんな笑顔で帰ってきました。最後の夕食は中華料理!




これから台北経由で暑い暑い大阪に帰ります。


⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


みんな、かけがえのない時間をオーストラリアで過ごせたようです。

ホストファミリーを始め、お世話になった人たちとこれからもずっと良い関係が続けられることを期待しています!



富田林高校 校長 蛭田勲


−−−−−−−−−−−−−−−−−−

| トラックバック (0)

リートンから最後の報告です。【高校】

7月25日に出発したオーストラリアのリートン研修からリートン最後のレポートが届きました。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

昨日、リートンからシドニーに移動しました。今日は1日自由観光です

8月2日はリートン高校で過ごす最後の1日でした。

この日は1日全て富高生のために用意された特別なプログラムで、まずは運動会!
障害物リレーでは、豆をおはしで掴むパートもあり富高生が大活躍しました。日本とは違ったルールの玉入れもしました。






続いて、日本の文化を紹介するワークショップで、茶道部の生徒が抹茶をたてたり、風呂敷の包み方を紹介したりしました。





日本語を学んでいるリートン生はどれにも興味津々です!


午後はオーストラリアの先住民族、アボリジニのダンスを学びました。



一人一人に修了証書とプレゼントが手渡され、リートン生からのメッセージを書いた旗も頂きました。




この日がホストファミリーと過ごす最後の夜。さみしくなってきました。


⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


リートンに行った富高生に期待していた日本文化の発信をしっかりやってくれたようで、嬉しく思います。Good job !


富田林高校 校長 蛭田 勲


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)最終レポート【中学】

グローバルリーダー育成海外研修中学マレーシアチームは関西国際空港に全員無事に到着しました。

最終レポートです。

昨日の午後はペトロナスツインタワーのショッピングモールに行きました。





そこでお土産を購入し、急いで空港へ、金曜日はイスラム教のお祈りがあるようで、道路がとても混むそうです。関東学院六浦の生徒と別れ、大急ぎで搭乗の準備に。かなりギリギリでした💦





機内ではすぐに寝入る人もいれば、機内食をパクパクと食べる人もおり、子どもたちのパワーを感じました。

到着後、空港ではたくさんの保護者の方が待っていて下さいました。様々な面でサポートしてくださった保護者の皆様、現地の皆様、サポーターの皆様、本当にありがとうございました!

以上 藤森先生からのレポートでした。

皆さまお疲れ様でした!
お世話になった方々本当にありがとうございました。

世界を感じた瞬間はいかがでしたか?
また、世界から見た日本は?

具体的な発表を楽しみにしています。

※本研修はコミュニティ・スクール事業の取組みとして同窓会等を主体とした広域外部サポーター(NPO法人『学びと育ちの南河内ネットワーク』)にご支援いただいています。ありがとうございます。

富田林中学校長 大門 和喜

**************************//

| トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

マレーシア(海外研修)レポート(12)8/3午後【中学】

高校生たちはオーストリアでがんばってまいますね!いよいよこれから加速という感じでしょうか。

本日午後のマレーシアからのレポート(藤森先生から)です。


昼前にテイラーズ大学にて、日本人留学生と合流しました。



留学生たちが留学した経緯や頑張ったこと、大変だったことを話してもらいながら、視野の広がるワークショップを進めて頂きました。



昼食は各自、学内のモールで。何と学内に3フロアも飲食店が並んでいました。







昼食後はモナッシュ大学に移動し学内を見学。


引き続き留学生たちに案内してもらい、様々な施設に驚きの連続。「この学校なら通いたい」という声も!




振り返りでは、全体を通して学んだことと、日本に帰って自分はどう過ごすか?ということを考え、交流をしました。


この後はお楽しみのツインタワー見学とお土産購入です。

海外大学を体感できたのは素晴らしい事だと思います。まさに未来への挑戦です。

※本研修はコミュニティ・スクール事業の取組みとして同窓会等を主体とした広域外部サポーター(NPO法人『学びと育ちの南河内ネットワーク』)にご支援いただいています。ありがとうございます。

富田林中学校長 大門 和喜

*************************//

| トラックバック (0)

グローバルリーダー育成研修、ブリスベンレポート【高校】

高校のグローバルリーダー育成研修が行われているオーストラリアのブリスベンからレポートが届きました。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

オーストラリア ブリスベン グローバル研修の報告です。

シンガポールで乗り継ぎし、8月3日の朝に無事、オーストラリアのブリスベンに到着しました。

こちらは季節は冬ですが、日差しもあり、とても過ごしやすく、酷暑の大阪と比べると最高の気候です。




ホテルに到着し、研修の講師の先生方と合流し、まずは街歩き。
研修の一環で、英語での街頭インタビューがあるので、街の地形を簡単に把握します。インスタ映えも忘れずに。笑

その後フードコートでランチをしました。オーストラリアは移民の国ということもあり、様々な種類の食べ物があり、1週間、さまざまな国の料理を食べることができそうです。

午後からは、まず1人づつ、英語で今回の研修の所信表明をしてもらいました。緊張しながらも一生懸命スピーチしていました。




その後、クィーンズランド大学出身、現地で活躍する日本人建築家の方が働くオフィスにお邪魔し、お仕事に関するレクチャーを受け、こだわりの建築物を見せていただきました。




初日から中々のハードスケジュールだったので、今日は早めに切り上げ、ホテルでゆっくり過ごしてもらいます。




⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


これから加速度的に内容の濃い研修になっていきます。



富田林高校 校長 蛭田勲


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート(11)8/3【中学】

おはようございます。最終日は快晴☀️体調不良者もおらず、関東学院六浦の皆さんも含めて元気です!


今朝は各家庭で朝食を済ませた後、村の集会所へ。朝食にもスパイシーなものが多く出てきますが、慣れてきました!



ネコはよく見ますが、犬はまだ一度も見てませんね。理由があるのでしょうか?

集会所ではお別れセレモニーをして頂きました。サイのようなカブト虫がいました。



現地のまとめ役ファミさんより
「次はもっとたくさんの生徒さんで来てもらっていいですよ!ジュンパ・ラギ!(また会いましょう)」







午前のプログラムは、現地の日本人留学生によるワークショップ。市内のテイラーズ大学にバスで向かいます!

※本研修はコミュニティ・スクール事業の取組みとして同窓会等を主体とした広域外部サポーター(NPO法人『学びと育ちの南河内ネットワーク』)にご支援いただいています。ありがとうございます。

富田林中学校長 大門 和喜

*************************//

| トラックバック (0)

グローバル&サイエンス【高校】

今日のブログは、本校の教育コンテンツとして
位置付けている「グローバル」と「サイエンス」について
です。


まず、昨日関空を出発したグローバルリーダー
育成海外研修の高校生13名は、シンガポール
経由で、オーストラリアのブリスベンに無事
到着しました。

Img_5176


早速今日から研修が始まります。Vision & Workhard !

そして、SSHの夏季訪問研修のレポートを2本
お知らせします。


まず、大阪市立大学の重力波研究室での研修です。
(8月1日)

内容的にとても高度なもので、事前に生徒たちは
十分な準備的学習をしておかなくてはなりませんでした。


↓講演の様子。

Resize0001


重力波の説明をしてもらいました。アインシュタインが予言し、
およそ100年後の2015年9月14日に米国にある巨大観測
装置LIGOで重力波を検出したそうです。

Resize0002


2年生の理系生徒7人が参加。熱心に聞いています。

3


Resize0004


最後は研究室におじゃまをして学生の方に、
大学生活のことや研究のことを聞きました。

5


参加した生徒からは、「科学の発展について感心した。
日常生活では得られない知識を得ることができた。
もっと勉強しなくてはいけない。」などの感想がありました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

次に、同じ大阪市立大学の動物機能生態学研究室
での研修の様子です。


↓魚のサンプルからDNAを抽出しているところです。

Resize0001_2


抽出した溶液を遠心分離器にかけ、DNAと
タンパク質に分離しています。
上澄み溶液にDNAが含まれています。

Resize0002_2


↓上澄み溶液を取り出しているところ

Resize0003


上澄み溶液で、この中にDNAが含まれています。

Resize0004_2


↓参加した生徒たち

Resize0005


この夏はグローバルにサイエンスに多くの研修が企画されています。
どんどんウェブアップしてまいります。


富田林高校 校長 蛭田 勲


-------------------------------------------------------


| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート⑩8/2午後(後半)【中学】

現地のボードゲームを教えてもらったり、ホームステイ先の子どもたちと話したりして夜のパーティーに備えます。




夜のパーティーは近くの集会所で。伝統的な音楽の演奏を聴きながら、結婚式等で出るという料理を頂きました!










バジュクロムという衣装も着ることができて、笑顔の溢れるパーティーでした。

マレーシアの人々の温かな気持ちに感動した時間です。

※本研修はコミュニティ・スクール事業の取組みとして同窓会等を主体とした広域外部サポーター(NPO法人『学びと育ちの南河内ネットワーク』)にご支援いただいています。ありがとうございます。

富田林中学校長 大門 和喜
****************************//

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート⑨8/2午後(後半)【中学】

塗り絵体験をした後、ティータイムで少しひと息。今日は常にランブータンというフルーツを食べています!






ティータイムの後は、ホームステイ先の方と合流し、それぞれのお宅へ。









《つぎに続きます》

※本研修はコミュニティ・スクール事業の取組みとして同窓会等を主体とした広域外部サポーター(NPO法人『学びと育ちの南河内ネットワーク』)にご支援いただいています。ありがとうございます。

富田林中学校長 大門 和喜

*************************//

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート⑧8/2午後(後半)【中学】

おはようございます!
8/2午後(後半)の現地からのレポートです。

午後はパチタンという村に来ています。


パーム農園とゴム園の見学













《つぎに続きます》

※本研修はコミュニティ・スクール事業の取組みとして同窓会等を主体とした広域外部サポーター(NPO法人『学びと育ちの南河内ネットワーク』)にご支援いただいています。ありがとうございます。


富田林中学校長 大門 和喜

***************************//


| トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

グローバルリーダー育成海外研修 in ブリスベン、今日出発しました!【高校】

airplane 今日、午前10時30分関空発のシンガポール航空で、高校のグローバルリーダー育成海外研修に参加する13名の生徒たちは、オーストラリアのブリスベンに向け出発しました。



これから彼らは世界トップクラスの大学であるクィーンズランド大学やクィーンズランド工科大学での研究、及び現地にある世界最先端の企業で実地研修を経験します。

これからはこの研修についてもレポートしていきます。


富田林高校 校長 蛭田勲


−−−−−−−−−−−−−−−−−−

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート⑦8/2午後【中学】

午前はイスラム系中学校との交流です。素晴らしい歓迎セレモニーをして頂きました!



その後、お互いの名前をアラビア文字と日本語で書き合い、文化の交流。



時間はいくらあっても足りないというくらい、全体を通して盛り上がりました。







また、昼食のメニューもとても充実しており、現地のフルーツをたくさん頂きました。







午後からは農園での体験が待っています!



友情が生まれ、多様性の理解がさらに深まっているようですね!

富田林中学校長 大門 和喜

******************************//

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート⑥8/2【中学】

3日目のマレーシアレポートです。

朝食



朝からバスでカンポンへ移動しました。
クアラルンプールから少し離れるだけで、道路周辺はパームツリーだらけです。
※マレーシア語で「村」の意味。住宅の集合体をさす。



さて、どんな生活が始まるのでしょうか。楽しみですね。

富田林中学校長 大門 和喜

******************************//


| トラックバック (0)

京都大学iPS細胞研究所を訪問しました!【中学・高校】

6月17日の中高一貫記念館のオープニング
セレモニーに京都大学の山中伸弥先生に
来ていただき、記念講演を行っていただきました。

それに引き続いて、何と幸運なことに、山中先生が
所長をされている京都大学iPS細胞研究所を
SSHの訪問研修として見学させていただくことが
できました!(7月31日)

Resize0012


先日もニュースでiPS細胞をパーキンソン病にも
応用することが伝えられていました。

中学生31人、高校生9人の40人の生徒が訪問しました。

Resize0011


iPS細胞研究所の人からの説明をみんな熱心に
聞いています。

Resize0001


Resize0004

Resize0006

画面にiPS細胞が映し出されています。

Resize0003_2

iPS細胞が顕微鏡でみることができます。

Resize0010


湯川記念館も見学させていただきました!

Resize0013


Resize0014


Resize0015

最後に京都大学百周年記念時計台記念館を
見学しました。

Resize0017


Resize0018


Resize0019


参加した生徒たちは、まさにノーベル賞受賞の舞台を
見学したわけです。


探究と貢献。本校のテーマですが、それが具現化
されている研究所です。本校生の中から、山中先生を
継ぐ人材が出てきてくれれば・・・夢ではないかもしれません。


富田林高校 校長 蛭田 勲


-------------------------------------------

| トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

リートンレポート水曜日編【高校】

グローバルリーダー育成研修でマレーシアにいる中学生も頑張っているようですね。海外で高校生と共に切磋琢磨です。

今日もリートンからレポートが届きました。

水曜日の彼らの活動報告です。

「リートンから、本日も生徒たちは元気に過ごしていたことを報告いたします。

今日はドラマ(演劇)の授業が富高生のために用意されていました。



表現力豊かで楽しい授業だったとリートンの先生が褒めてくださいました!




水曜の午後はスポーツをすると決まっていて、バディーと一緒に、バスケットボールや野球などさまざまなスポーツを楽しみました。






明日がリートン高校で過ごす最後の日です。どんな1日が待っているのか楽しみです!」


いよいよ明日がリートンの最後の日なんですね。報告で見る限り、富田林高校生は親善大使として本当に良い役割を果たしてくれていると思います 。

そして明日朝、高校生のグローバルリーダー育成研修に参加する生徒がオーストラリアのブリスベンに出発します。世界でもトップクラスのクィーンズランド大学での研究や現地の最先端の企業での実地研修で待っています。

グローバルな視野とコミニケーション力。しっかりと身に付けてくれることを期待しています。



富田林高校 校長 蛭田勲


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート⑤8/1午後【中学】

午後からはムルデカスクエア周辺でフィールドワーク。


マラヤ大学のボランティアスタッフと共に、グループに分かれて様々なミッションに挑戦しました。



おー猫!









その後の振り返りでは、フィールドワークで気づいた点を交流し、1日の振り返りと明日の流れの確認をしました。







明日はカンポンに移動し、現地中学生との交流、村でのホームステイと、まだまだチャレンジは続きます!

富田林中学校長 大門 和喜

****************************//

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート④8/1【中学】

つづきです↓

関東学院の皆さんと一緒にアイスブレイクをした後は、現地日本人起業家の山口さんの講演会。





多民族国家であるマレーシアでは新しい価値が生まれやすい。



なぜ?を大切にした面白いお話に生徒は興味津々でした。



午後からは現地大学生の方とフィールドワークへ、少しずつ晴れてきて気分も高まっています。





現地で大活躍の起業家山口さんのご講演は、生徒たちがアントレプレナーシップに触れた刺激的な瞬間だったと思います。

富田林中学校長 大門 和喜

****************************//

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート③8/1【中学】

マレーシア(藤森先生)からのレポートです。

おはようございます。
体調不良者も特になく、朝はゆったりと朝食を取りました。




その後バスでマラヤ大学へ。




おー猫が!



富田林中学校長 大門 和喜

****************************//

| トラックバック (0)

マレーシア(海外研修)レポート②7/31午後【中学】

おはようございます。
マレーシアレポート②です。

関空での集合写真


飛行機に乗って出発




クアラルンプールに無事到着しました!


現地での様子について、藤森先生よりレポートが届きましたので紹介します。

入国審査にかなり時間がかかりましたが、無事にタクトピアさんと、関東学院の皆さんと合流しました。


ホテル付近は雷が鳴っているため、夕食の場所を変更し、ホテルのすぐ隣の流行っているらしい?食堂で食べています。








この後は明日に備えて、ミーティングをした後、早めに就寝する予定です。


富田林中学校長 大門 和喜
******************************//


| トラックバック (0)

火曜日のリートンレポート【高校】

中学生もグローバルリーダー育成海外研修で、マレーシアに出発しました。

2日には高校のグローバルリーダー育成海外研修で、新たにオーストラリアに出発するので、これから1週間はたくさんの本校の中高生が海外で貴重な経験を積むことになります。


火曜日のリートンレポートです。

「本日のリートンからのレポートです。

今日も朝から元気にバディーと一緒に登校しました!
富高生に用意された家庭科の授業では、オーストラリアの伝統的なお菓子を3種類作って食べました。






英会話の授業では、ボランティアのリートン生たちとペアになって会話を楽しだり、タブレットやパソコンを使って最先端のICT教育を受けたりしました。






放課後もバディー以外の生徒ともたくさん遊んでいて、楽しく過ごしています。



きっと帰るのが名残惜しくなりそうです!」


今、リートンでは花粉が舞っているそうです。


富田林高校 校長 蛭田 勲


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

| トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »