« 石川大清掃! | トップページ | みんな頑張れ! »

2017年3月 6日 (月)

2年生河合塾のプログ(PROG)の結果説明

cloud 今日2時間目に、2年生が受けた河合塾の「PROG(プログ)」
の結果解説を多目的ホールで行いました。

Img_2431


プログとは、知識を活用して課題を解決する力(リテラシー)を
測るテスト的なものです。

本校では先日の地域フォーラムでの発表のように、Eタイムと
呼ぶ総合学習に力を入れています。そこでは、各教科科目で
得た知識や技能を課題発見・解決型の総合学習を通して
一層定着させることをねらいとしています。


Eタイムでは、「課題発見力」や「構想力」「情報収集力」及び
「情報分析力」等のいわゆるリテラシーが求められます。


一見すると、それらの4つの力(リテラシー)は大学への受験学力とは
あまり関係ないように思われます。

しかし、河合塾の分析から、

模試の成績上位者はリテラシーの平均が高い!

ということがわかりました。

つまり、受験学力を高めるためには単に暗記と
反復練習だけに頼る学習から、課題解決に向けて
記憶したものを活用し応用する学習への転換が
求められます。その活用と応用というところで
リテラシーが求められ、それらの力を高めるために
本校では、Eタイムを実施しています。


Img_2432


そして、2年生のプログの結果(リテラシー総合)で、
平均以上をスコアーを取った生徒の数の割合が
1年の時にはには55.4%だったものが、2年次になると、
何と91.1%まで大きく伸びました!
これは、明らかに
Eタイムの成果と思われます。

ということは、今後、各教科科目の授業とともに、Eタイム
のような総合学習にも一層力を入れると、これからの模試の
成績が大きく伸びる可能性があると言えます。


2年生が今後に期待のもてるデータを出してくれました!



富田林高校 校長 蛭田 勲


------------------------------------------------------

« 石川大清掃! | トップページ | みんな頑張れ! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2024028/69827097

この記事へのトラックバック一覧です: 2年生河合塾のプログ(PROG)の結果説明:

« 石川大清掃! | トップページ | みんな頑張れ! »