« 全校集会 | トップページ | 大阪府教育センター研究フォーラムで実践発表をしました »

2016年12月23日 (金)

世界標準のプレゼンの実践

search 昨日の全校集会で、世界標準のプレゼン能力を身に付けよう!と伝えたところですが、早速科学部が実践してくれました。

今日は、大阪明星学園中学校高等学校において、中高生のための学会「サイエンスキャッスル2016関西大会」が開催されました。





西日本の中学校、高等学校、中高一貫校、51校が集まり、119演題の科学実践の研究発表を行いました。



本校科学部は、石川のアユ再生の研究、富田林市のホタル再生の研究、ホバークラフトの開発研究について、発表しました。今日はみんな聞き手の心に一層届くようなプレゼンをしてくれました。













そのなかで、ゲンジボタルの研究は、大阪府立大学名誉教授中野長久先生から「特別顧問賞」をいただきました。

今後、中野先生に特別顧問になっていただき、研究のサポートをしていただきます。


富田林高校 校長 蛭田 勲


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

« 全校集会 | トップページ | 大阪府教育センター研究フォーラムで実践発表をしました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2024028/68961390

この記事へのトラックバック一覧です: 世界標準のプレゼンの実践:

« 全校集会 | トップページ | 大阪府教育センター研究フォーラムで実践発表をしました »